検索

デザインと整経


ワークショップでは

2作目、3作目と新しい作品づくりが

始まっています。

整経に慣れてくると縞やチェックなど

イメージが浮かびやすくなり

織りのデザインに活かすことができます。