About canoan

アトリエのある群馬県は古くから絹産業が盛んで、江戸後期に開発された上州座繰りという繭から糸を挽く技術が受け継がれています。

その伝統技術を活かし、絹の魅力を多くの方に感じてもらえるよう日々制作しております。

​Profile

​座繰り染織家・中野紘子

​大学卒業後、碓氷製糸農業協同組合に入社。製糸技術、座繰り糸づくりを学ぶ。

2003年に座繰り染織工房設立。

全国の染織家に上州座繰り糸を提供するかたわら、草木染め、手織物の技術を独学で習得。

2009年より糸づくりから染織まで全てを手がけたオリジナルブランドcanoanを立ち上げる。

絹製品の企画製造販売のほか座繰り染織りワークショップを毎月開催し普及に努める。

​LEXUS NEW TAKUMI PROJRCT 2017 選出

​Characteristic

​群馬県産の繭を原料とした上州座繰り糸

1

​発色にこだわった草木染め

2

3

​風合いと色彩に活かした手織物

​4

​身近に感じていただけるような絹製品

5

​絹糸を活用した新素材