検索

見学会

ワークショップに参加いただいている方々をお連れして養蚕農家と製糸工場を見学してきました。養蚕農家は日頃から繭を使わせていただいている富岡の高橋純一さんのお宅へ。 モリモリっと桑を食んでいる可愛いカイコを観察。 その後に松井田町にある碓氷製糸株式会社を見学。なかなか見る事のできない生糸の繰糸工程を間近で見せていただきました。 十数年前に勉強させていただいた懐かしの碓氷製糸。初心を思い出すことができました。

いろいろな糸

座繰り染織りワークショップでは ご経験や作りたいものに応じたメニューのため、思い思いの草木染めや糸づくりが 進んでいます。 画像右側の糸は、布に奥行きを持たせるために あえてムラに染めています。 こういう所が糸づかいの面白いところですね。

自然を織る

本日は赤城のみやぎ千本桜の森で開催された PIG-OUT CAMPに出店してました。 「自然を織る」をテーマにした ワークショップでは、とてもカワイイ男の子も 素敵な作品を作ってくれました。 私も自然を満喫し心身癒されてきました。

AKAGI PIG-OUT CAMP

5月25日(土)26日(日)に赤城にあります みやぎ千本桜の森公園で開催される イベントにグループ参加いたします。 ご一緒するのはLEXUS NEW TAKUMI PROJECTの群馬代表の はるな陶芸工房の川嶋理良さんと 雨ザラシ工房の小野里健一さん。 作品販売のほかにワークショップもあります。 詳細は下記まで https://akagi-pigout.com

座繰り染織りワークショップ

ワークショップで織り上がりました 新作をご紹介。 自然のままの生成りと ほんのりベージュに染めた糸を組み合わせ 織り方で表情を変化させています。 シルクの光沢が美しく、上質な肌触りの ストールに仕上がりました。

葛布

静岡県掛川市の伝統工芸品「葛布」の 織元さんの所へお邪魔してきました。 葛布とはマメ科の植物「葛」の繊維を 織り上げたもので、光沢を帯びて しなやかでとても美しい布です。 河川敷などでは厄介物の葛。 その繊維を取り出し織り上げた先人は やっぱりすごいです。 物が溢れている現代において 非常に考えさせられる技術に触れる事が できました。

新たな素材

皆さま、ゴールデンウィークは いかがお過ごしでしょうか? 工房では5月末のイベントや 6月の販売会へ向けた制作が進んでいます。 今年度からは新たな天然素材を取り入れた 商品も展開することになり悩める日々です。

TG-cloud

トヨタ部品群馬共販株式会社が発行している フリーペーパー「ティー・ジー・クラウド」 に掲載していただきました。 LEXUS NEW TAKUMI PROJECTで制作した SIHAKUも綺麗に写真を撮っていただき 紹介されています。 関係者の皆様、ありがとうございました。

  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円

©2018 canoan all rights reserved.